Column/特集記事特集記事

【コンサルタントインタビュー】第三弾:中川徳之

Column 18.11.15

転職エージェントに転職サポートを依頼する際に、重要視するべきことはいくつかありますが、中でも大事なことは “転職エージェントとの相性”だといえます。
そんな今回は、転職エージェントのこれまでの経歴やキャリアアドバイスにおける考え方をお伝えすることで、相性が合いそうかどうかの判断材料になればと思いインタビューを行いました。
コンサルタントインタビュー第三弾は、コンサルタントであり、弊社取締役でもある中川です。

ーサニーサイドアップキャリアを立ち上げるまでは何をされてたんですか?

私は、価格比較サイトを運営するインターネットメディアでの営業を経て、ソーシャルメディアマーケティング支援を行う会社で営業マネージャーとして働いていました。その後、サニーサイドアップに入社し、サニーサイドアップキャリアに立ち上げに参画しました。


ーサニーサイドアップキャリアの立ち上げに関わるきっかけは?
サニーサイドアップが新規事業に力を入れていたタイミングで、ムーブメントパーティ戦略本部という新規事業開発チームを立ち上げたんです。そのチームに行きたくて立候補しました。そこで様々な事業を検討していた中でサニーサイドアップの得意な領域を生かした形の人材事業を始めることになったんです。

ー他にはどんなアイディアがあったんですか?
例えば、トゥーリングの事業だったり、味覚センサーを生かしたPR事業だったり本当に色んな事業プランを練りましたよ。

ーその中で人材事業を選んだきっかけは?
PR会社としてクライアントワークを行う中で、どの業界にも採用ニーズの高まりを感じていたことと、私個人としては色んな会社に転職してきた経験を生かして、夢を叶えたいという方々のキャリア支援をしたいと思いました。

ー中川さんの得意分野はどこですか?
やっぱり自分が働いてきた業界が得意ですね。具体的にいうと、インターネット広告代理店、PR会社、イベント制作会社などの領域は得意です.
リクルーティングアドバイザー(企業担当)もキャリアアドバイザー(転職サポート)も一気通貫でやっているので情報も沢山入ってきます。

ー業界に詳しくないとアドバイス出来ないことってありますか?
ただ転職先を紹介するだけなら、人からの伝聞でいくらでもアドバイスはできると思いますが、ご相談にこられる方のキャリア相談に本気で応えるためには生の情報を持っていないと的確なアドバイスはできないじゃないと思っています。
だから、その業界にいた人じゃないとわからない、働き方や業界の雰囲気、会社ごとの色など生の情報をできるだけお伝えするようにしています。

ー最近の実績はどんな感じですか?
最近だとPR会社だったり、スポーツマーケティングの会社、広告代理店、事業会社の役員などへの転職をサポートしました。

ー転職エージェントとしてのスタンスは?
現実的にできる仕事をご紹介するというより、やりたいことを叶えたいと思っています。その方の強みを引き出して次に踏み出す一歩がやりたいことに繋がるような転職をサポートしています。
そのために、私がその方の現在の仕事内容だったり、仕事に対する考え方を細かくお聞きします。ご本人が認識している強みだけでなく認識していない強みをあぶり出すことは転職エージェントの役目だと思っています。

ーその方の強みを知るためにどんな関わり方をするんですか?

その方を色んな立場から見てみることで強みが浮かび上がってきます。
キャリアコンサルタントの目線だけではなく、採用側の目線に立っても考えます。採用側といっても決裁者としての目線と、採用の設計をする側の目線の二つがあります。また、本人の目線に立って考えることもします。
この複数の目線から、どういう会社に行くべきかを絞ったり、面接でどの部分をアピールするべきかを一緒に考えています。

ーそれは心強いですね。
頼りにして欲しいと思ってますね。業界選定だけではなく、面接対策もかなり時間をかけて行います。

ー今までで印象深かったエピソードはありますか?
大手ファッションEC会社に入られた方のことはすごく印象に残っています。その方は、PR会社で働いた後にテレビ局の宣伝担当をやられていました。転職の相談に来られる前にご友人の紹介で何社か受けていらっしゃったんですが、ご本人が志望する業務とはおよそかけ離れた会社から内定をもらっていました。
そこに決めようとされていたんですが、私は大手アパレル通販会社のカラーや業務内容がその方にぴったりだと思っていたので、「良い会社なので一度受けてみてください。」というお話をして面接を受けていただきました。
最終的に私がオススメした会社に入社されたのですが、待遇面やご自身の働き方、に合っていて、経営者と近い位置で全社に関わる広報ができているととてもお喜びいただいています。

ー転職エージェント自身が良い会社だと思えることも大事なんですね。
そもそも自分が良いと思っている会社と取引できていることが大前提だと思うんですけど、それに加えて、それぞれの会社について業務内容だけじゃなく雰囲気なども知っているから転職希望者との相性が合うと断言できるんです。
それが取引数が多い転職エージェント会社だったり、業種問わず転職支援を行っている転職エージェントになると、「10社くらい受けながら相性を探って行きましょう」という話で先に進められてしまうことがあります。

ー実際の会社のことって、外から見ただけじゃわからないですもんね。

そうなんです。取引している会社のことは代表だったり、人事や部門責任者からお話を聞きますし、業界の競合の会社からも情報を仕入れます。
いろんな視点でその会社のことを調べているからこそ「あなたにはここが合うから受けて見て欲しい」という提案ができるんです。

ー転職相談に行く前に考えて見て欲しいことは?
あえて何も考えないで相談しにくるのも一つかなと思います。
ご相談に来られる前に色々と考えすぎるとこちらの話がフラットに聞けなくなってしまいがちです。ですから、「自分が持っている選択肢ってどんなものがあるのか。」を聞くためにきてもらうのでもOKです。

あとは、転職が頭をよぎった時は、会社を辞めたり、求人媒体からとりあえず興味があるところにポチポチと応募する前に相談に来て欲しいです。
今は採用の応募手段はたくさんありますが、人材会社の転職エージェントは経験も豊富だし、相談も無料でできるので、しっかりエージェントを使い倒して欲しいと思います。
初めての転職の方だと履歴書の書き方もあまり知らないままに応募してしまって、志望している会社に落ちてから相談に来られることもあります。
それでは勿体無いです。面接や履歴書のアドバイスももちろんできるので、
一緒に、やりたいことを叶える転職を目指してやって行きましょう。

ーありがとうございました。

いかがでしたでしょうか?
サニーサイドアップキャリアは、特定の業界に特化しているからこそ、詳しい情報を仕入れたり、企業の人事担当者とも人材を紹介しやすい繋がりを作ることができるんですね。
PR会社や広告代理店、事業会社、WEBマーケティング会社などにご興味のある方は是非ご相談ください。

無料転職サポートに申し込む

ページの先頭へ

無料転職サポートを申し込む/CLICK! 無料転職サポートを申し込む/CLICK!