Column/特集記事特集記事

転職成功者のストーリーに学ぶ!未経験からPR業界に転職する方法

Column 19.03.22

PR・広告業界への転職を支援しています。
転職エージェントのサニーサイドアップキャリアです。

「未経験からPR業界に転職したい」という希望も、サニーサイドアップキャリアではお手伝いしています。


今回は実際に、システムエンジニアから大手総合PR会社に転職なさった方が、サニーサイドアップキャリアにはいます。今回は、その方の「本音」を通じて、未経験からPR業界へ転職するための方法を、解説します。

第一歩:「まずは飛び込む」という方法

現在、サニーサイドアップで活躍する杉谷さんは、新卒のときには要件定義からコーディングまでこなすシステムエンジニアとして働いてました。

システムエンジニアとして働くなかで、「パソコンに向かって仕事するよりも、お客さんとコミュニケーションをとる仕事のほうが好き」と感じるようになったそうです。

そこで、転職先として2つの道を検討し始めました。

ひとつは、「システム設計のコンサルタント」
もうひとつは、「PR業界」

なぜ経験をベースとした道と並べる形で、未経験の「PR業界」が候補にあがったのでしょう?

杉谷さんは次のように語ります。

「自分は色々な経験をしたい性格です。だから、転職するのなら、これまでの経験をベースにした道以外も検討したいと思いました。そのとき、大学時代に学んだマーケティングを面白いと感じていたことを思い出しました。マーケティングと一口に言っても、PR以外にも広告やリサーチなど様々な仕事があります。PR業界は、実は全く知らなかったからこそ、興味をもちました。この素朴な気持ちを大切にして、PR業界を目指しました」

結果として杉谷さんは、企業広報の業務代行をメインとする30名ほどのPR会社に入社することができました。

いきなり未経験からPR業界への転職を果たした「よほどのラッキー」に見えるかもしれませんが、成功要因があります。

「PR業界」とざっくりとした希望にしたことです。PR業界の仕事のなかでも、戦略などの上流工程にあたるコンサルティング業務は、経験がないと厳しいです。しかし、「PR業界なら何でもやる」という風に視野を広げれば、杉谷さんが転職を果たした「企業広報の業務代行」のように未経験でも担える仕事が見つかります。

未経験からPR業界へ転職する場合には、職種を絞り過ぎないことが得策です。素朴な興味を大切にして、まずは飛び込んで「なんでもやる」というのも一つの戦略なのです。

もちろん、「興味」という抽象的な事柄を伝えるためには、具体的な努力が必要です。そのために有効な方法が業界理解を深めることです。

サニーサイドアップキャリアでは、まだPR業界を目指し始めたばかりの方には、PR業界の職種を知ることから手を付けることをおススメしています。知ったうえで、あえて絞らない。この柔軟さが、未経験からPR業界への転職では必要です。

ステップアップ:PRプランナーとして上流工程を経験する

企業広報の業務代行という仕事で、PR業界での第一歩を踏み出した杉谷さんですが、5年を経た時、「この業界での自分の価値をもっと高めたい」と思うようになりました。

「自分の価値を高めるには、言われた業務をこなす仕事ではなく、PRをゼロからプランニングすることに携わる必要があると考えました」

PR業界においてプランニングは、「個人の能力」が高い水準で必要とされる領域です。そのため、プランニングで実績を挙げれば、能力を証明することができて「自分の価値」が高められるのです。

このように考えた杉谷さんは、PRプランニングができる会社を探しました。この時には、5年のPR業界の実務経験があるので職種を絞っても、多数の選択肢を得ることができます。

そして、15名くらいのヘルスケアのPRに特化した会社に転職し、希望通りにPRプランナーとして働くことになりました。
PR会社と一口に言っても、下請け的な仕事に徹する会社もあれば、上流工程から現場までをワンストップで提案することを得意とする会社など様々です。PR業界における自分の価値を高めるために転職をするのであれば、上流工程から担える会社かどうかを見極めるべきでしょう。

大手総合PR会社に転職する方法:ピンポイントの相談ができる転職エージェントを選ぶ

ヘルスケア業界のPRプランナーとして働くうちに、杉谷さんには「この会社の得意としていないこと」も見えてくるようになりました。

「もともとIT業界にいたこともあり、デジタルマーケティングにも関心をもちました。しかし、その時私のいた会社では、デジタルマーケティング業務を行っていませんでした」


PRプランナーとして自分の価値を高めるために「手段を増やして、プランニングの幅を広げる」という方向性を選択すると。

杉谷さんは、これまで小さなPR会社を経験してきましたが、大手総合PR会社への転職を模索し始めます。

サニーサイドアップキャリアと杉谷さんの出会いは、このタイミングでした。

「実は最初、サニーサイドアップキャリアを経由することなく、今働いているサニーサイドアップの面接を受けました。その面接では採用してもらえなかったのですが、役員の方がとても面白い方だったので、この会社に入りたいという強い気持ちが生まれました」

そして、私たちと二人三脚で、希望通りサニーサイドアップへの転職を果たします。その時の経験を杉谷さんは次のように語ります。

「私が入りたいと思ったPR会社に入社するために、ピンポイントなアドバイスを求めていたので、PR業界に特化したサニーサイドアップキャリアとの面談はとても有意義なものでした。ドライな感じではなく、まるで自分事のように親身になって相談に乗ってくれるので、どんどん相談できました。これが転職成功の鍵だったと思います」

長い目でPR業界を目指すのならパートナーが必要

今回は、PR業界は全く未経験の杉谷さんが、狭き門とされる大手総合PR会社に入社するまでのストーリーをご紹介しました。

このストーリーからは、未経験からPR業界で働くための方法を読み取ることができます。

ただし、どのような方法を選択すべきなのかは、ケースバイケースです。サニーサイドアップキャリアでは、PR業界についての詳細な情報をベースにして、ご利用者ひとりひとりに寄り添った方法を、長期的な戦略にもとづいてアドバイスしています。

杉谷さんから次のようにお話いただきました。

「PR業界では、経験値を求められるのが事実です。だから、未経験からPR業界への転職では、着実に経験を積み重ねる戦略が必要です。例えば、まずはメディアの経験を積み、メディアの経験を活かして、PR会社に入るという風に」

このような発想が苦手な方もいらっしゃるのではないでしょうか?

未経験からPR業界を目指す道筋がわからない……と悩む前に、サニーサイドアップキャリアにご相談ください。

サニーサイドアップキャリアは、あなたの気持ちに寄り添ってキャリアイメージを一緒に描いていきます。

無料転職サポートに申し込む

ページの先頭へ

無料転職サポートを申し込む/CLICK! 無料転職サポートを申し込む/CLICK!