Column/特集記事特集記事

人気職種!事業会社マーケティング部への転職実績をご紹介します!

Column 19.04.17

サニーサイドアップキャリアは、PR・広告・WEBに特化した転職エージェントです。
今回は弊社のサービスを通じて事業会社のマーケティング職に転職された方の事例をご紹介したいと思います。

事例1:コンサルティング会社の広報部

転職先:地域創生コンサルティング会社の広報部
前職:ゲーム会社の広報部
転職を希望した理由:地方創生の課題に興味を持っており、そちらの方面に携わりたいとのことでした。ゲーム業界にはそこまで未来の自分の姿を投影できておらず、より社会に貢献できるような会社を探されていました。
広報のスキルを持っていらしたので、スキルを活かしたパフォーマンスをできるよう転職サポートし、コンサルティング会社への転職を成功されました。

転職エージェントより:弊社にご相談頂く転職希望者の方の中で、事業会社のマーケティングに関わってみたいという方は2~3割ほどいらっしゃいます。広報に関わりつつも業種を変えたいという方がほとんどです。今回のように、弊社と希望される業界との間に繋がりがある場合は活動がよりスムーズに進みます。ぜひご相談ください。

事例2:コンビニ会社のマーケティング部

事例2:コンビニ会社のマーケティング部
転職先:大手コンビニ会社のマーケティング部セールスプロモーション
前職:セールスプロモーションの代理店
転職を希望した理由:もともと大手のセールスプロモーション代理店にいらっしゃいましたが、10年間勤める中で働き方を見直したいという想いが強まり、転職を決断されたそうです。
転職先のコンビニ会社は柔軟な働き方を推進している上に攻めのプロモーションを積極的に行っており、新たなライフスタイルを探しながらスキルも磨きたいというクライアント様にぴったりの会社でした。
転職エージェントより:働き方を見直したい、という理由で事業会社のマーケティングを志望される方は多いです。会社をご紹介する中で、その会社の雰囲気や働き方も詳細にお伝えさせていただきます。

事例3:コンビニ会社のマーケティング部その2

転職先:コンビニのマーケティングリサーチ部
前職:大学の教授
転職を希望された理由:経済学に加え統計学や国際政治の学位も取得されている方で、大手コンサルティング会社やシンクタンクからも声がかかっていたようですが、より生活に近いところで仕事がしたいという理由で大手コンビニのマーケティングリサーチ部に転職されました。

転職エージェントより:統計学や解析の能力はもちろん、コミュニケーション能力もとても高い方でした。会社が求めていた人材がマーケティング戦略立案のための情報解析業務やその他の部署への橋渡しとなれる人材だったので、まさにぴったりハマり、トントン拍子で話が進みました。

事例4:ジム会社のマーケティング部

事例4:ジム会社のマーケティング部
転職先:パーソナルトレーニングジム会社のマーケティング部に転職
前職:セールスプロモーションの代理店
転職を希望された理由:もともとセミナー企画のセールスプロモーション会社に勤められていたので、もっと広くメディアと関わる仕事をご希望されていました。転職されたパーソナルトレーニングジム会社はテレビやWEBなどに幅広く展開している会社であり、自分の可能性を広げることができるということで志望されていました。
転職エージェントより:事業会社の中でもテレビCMやWEB運用を積極的に行なっている会社はやはり人気です。急成長しているベンチャーだと人員が足りていないケースも多く、転職の門戸も開かれています。

終わりに

事業会社といっても業界によって転職へのアプローチも業務内容も様々です。
伝統的な大手企業(飲料メーカーや車メーカーなど)ではマーケティングも花形で中途採用の募集枠もあまりありませんが、成長企業ですと人手を必要としているところが多く、事業会社でもマーケティングに携わることができます。また成長企業では事業部自体の組織が出来上がっていないため、組織の組み上げから携わり、自由に自分の実力を発揮できる環境があったりします。
他にも伝統的な企業でも体質を変えて変革を起こそうという企業もあり、そういった場合は新しい風を吹き込むために社外からの中途採用の募集枠を設けることがあります。
そういった情報は真っ先に弊社に入ってきますし、転職サイトに載っていない案件も多数ございます。
豊富な業界への繋がりと、経験豊富な転職コンサルタントが弊社の強みです。
事業会社マーケティング部への転職は、ぜひサニーサイドアップキャリアへご連絡ください。

無料転職サポートに申し込む

ページの先頭へ

無料転職サポートを申し込む/CLICK! 無料転職サポートを申し込む/CLICK!